浪貝畳店

Home > ライフ > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

そろそろ、畳張替えをしないとと思っていましたがどこに頼んだらよいのかわかりませんでした。世田谷区にある畳店は、無料で見積もりをしてくれると知りさっそくお願いをしました。電話での対応も親切で、話しやすいなという印象でした。息子が結婚をして帰ってくることになったので、畳と言っても若い世代が好みそうなデザインが良いと思っていました。そういった事も、真剣に考えてくれていろんな提案をしてくれました。見積りも満足できる内容で、世田谷区にある畳店で畳張替えをしてもらうことに決めました。作業もスムーズで、期待通りの出来栄えに感動しました。畳張替えをしただけですが、部屋の雰囲気がグッと明るくなり居心地も良くなったなと感じました。オシャレで、これが畳だと知って息子も喜んでいました。孫も、ゴロゴロ転がって遊んでいました。気持ちよいのか、そのまま昼寝をしていました。とても過ごしやすく、畳は心が落ち着くなと感じました。対応も良かったので、他の部屋も畳張替えをしてもらおうと考えています。若い世代も畳で生活して欲しいという思いがあり、思い切って張替えをしてもらい満足できる内容でした。予算内に収まり、それも良かったです。

注目キーワード

首里金城町石畳道
沖縄県那覇市首里の首里城の南にある石畳の道。日本の道100選の一つ。 元々は首里城から本島南部へ向かう「真玉道」の一部であった。 *交通アクセス -バス停 --石畳前 --首里城公園入口
四畳半神話大系
原作・森見登美彦、監督・湯浅政明で贈る不毛と愚行の青春奇譚。2010年よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送。