きれいライフサービス

Home > ライフ > きれいライフサービス

植木の伐採・剪定 | 朝霞市や三鷹市の不用品回収【きれいライフサービス】

植物の関連情報

植物(しょくぶつ、羅: plantae)とは、生物区分のひとつ。日常語としての「植物」と生物学としての「植物」はその示す範囲が異なるが、日常語としては、草や木などのように、根があって場所が固定されて生きているような生物のことで、動物と対比させられた生物区分。 それに対し生物学では科学的知見が増えるにつれ、植物という語が指し示す範囲は歴史的に変遷してきた。2012年現在は陸上植物(コケ植物、シダ植物、種子植物)を含む単系統群として植物を定義するが、どの単系統を選ぶかにより複数の定義が並立している。狭い定義では陸上植物のみを植物として認めるが、より広い定義をでは緑色植物全体を植物としたり、紅色植物、灰色植物をも植物に含めたりする(詳細後述)。 一方、二界説ないし五界説のような古い学説では植物とみなされていた菌類(キノコやカビ)、褐藻(ワカメなど)は系統が異なる為、2012年現在は植物とみなされていない。 以上の理由のため、「植物」を分類群としては認めなかったり、別の名前を採用し「植物」はシノニムとする動きもある。分類群としての名称は植物界となる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

きれいライフサービスでは、植木の伐採、植木の剪定を承っております。時間がなくて手をつけられない。伸びすぎてどうしたらいいかわからない。定期的に木のメンテナンスを行いたい。以前は自分でやっていたけど、高齢だから高いところに登ったり出来ない。などなど、どんな状況でも承ります。

国立市にある実家はとても静かで緑の多いエリアなのですが、長年空き家になっていたせいでかなり庭木が伸び放題になっていました。都内に住む私と兄とで時々訪れては剪定をしたりしていたのですが、通ってきて作業するのは簡単なことではありません。いずれ誰も住まなくなったこの家は、手放そうかとも話し合っているのですが、こんなに植木が伸び放題では買い手もつかないだろうと、清瀬市を中心に植木伐採作業をしてくれる業者に依頼して大規模な伐採をお願いすることにしました。 自分達で伐採するというのは口でいうのは簡単ですが、なんといっても伐採した枝の処理がとても大変なんです。小さく切って束ねてごみステーションに出すのですが、ごみを出す日にもう一度来なければならないし、もう面倒でとてもやりきれないと私も兄も悲鳴を上げてしまったのです。 作業を依頼した植木伐採業者は植木の伐採作業自体はプロなので本当に手際よくどんどんきれいにしてくれたのですが、私たちが悲鳴を上げた伐採した枝の処理も、ただのごみにするのではなく肥料にするということで、とてもエコで環境にも配慮しているのだそうです。今ではすっかりきれいになった庭にとても満足しています。