大雄山セントラルクリニック

Home > ライフ > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

夏の終わりに胃腸の調子を崩してしまい、数日間会社を休むということがありました。その際に受診した内科がとても素晴らしかったのでぜひ他の方にもその良さを実感してもらいたいと考えています。自分が訪れて診察を受けたのが大雄山セントラルクリニックという南足柄市にある内科です。新しくできたばかりで、建物も内外装がたいへん綺麗でした。待合所も落ち着きのある空間で、病院とは思えないほど洗練された雰囲気です。 この大雄山セントラルクリニックは、人工透析の患者さんを多く受け入れるということを主な目的としているようですが、一般の外来での診察も受け付けてもらうことができます。平日の午前中であればいつでも外来受付が可能ということをホームページ上で確認して訪れました。場所は南足柄市の大雄山駅のすぐ近くにありますのでとても便利です。 診察をしてくれたお医者さんは感じの良い方で、とても丁寧に調べてくださいました。症状から軽い胃腸炎であるということと診断され、内服薬を処方していただきました。 処方された薬がとても良く効いて、数日後にはすっかりと回復することができました。お医者さんの的確な診察と、信頼できる説明で安心できたということも大きかったと感じています。とても良い病院ですので今後もお世話になることが多くなりそうです。

注目キーワード

病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......