京生麩のお店 愛麩

Home > ライフ > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

古都の街といえば京都ですね。一年を通して魅力にあるれ、季節が変わるごとに行ってみたくなる場所と言えるでしょう。京都というと、お寺や神社などの建築物や桜や紅葉などの景色が頭に浮かぶところですが、食の京都も満喫したいところです。神社やお寺めぐりの合間にグルメを楽しむというのも、京都旅行の醍醐味ではないでしょうか。 そこで私がお勧めしたいのが、京都で食べるスイーツです。京都駅をはじめとし、各観光スポットには沢山のお店が並んでいます。寺院の周辺においては、昔ながらの老舗が多いように思えますが、京都駅や祗園周辺には最近流行りのカフェも多く並んでいます。そんな中でも京都の名産といえば八ツ橋が有名です。昔ながらのニッキの香りと風味が美味しい物は定番ですが、チョコレートあんを使用した現代風の八ツ橋もとても美味しいです。八ツ橋は、様々なお店で売っているため、お土産には迷ってしまいますが、色々な商品を食べ比べみるのも旅の思い出がふくらむのではないでしょうか。 また、京都名産として忘れてはならないのが、抹茶を使用した商品です。寺院で嗜む抹茶そのものは、間違いなく京都旅行の至福の時間と言えるでしょう。さらに加えて、抹茶を材料にしたスイーツも京都旅行には欠かせない要素です。挙げればきりがありませんが、抹茶カステラやバウムクーヘン、ロールケーキなど甘くて美味しいものが沢山あります。中でも、おすすめなのが、街のカフェで食べる抹茶のパフェです。抹茶アイスにクリームやフルーツを合わせて、口の中で甘させと抹茶の風味が調和する瞬間は、まさに至福な時間と言えるでしょう。 そんなわけで、京都の美味しいスイーツのお話をしてきました。私自身、古いものの中に新しさが見出させるのが京都の魅力であると考えています。古きを温ねて新しきを知るとありますが、京都の歴史をもっと知って、現代の京都をさらに発見して行きたいと思います。美味しいスイーツはまだまだあるはずです。

注目キーワード

日本料理 龍吟
日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。