ケイズファクトリー

Home > ライフ > ケイズファクトリー

不織布袋・紙袋・エコバッグの印刷やオリジナル作成|ケイズファクトリー

バッグの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不織布袋・紙袋・ポリ袋・エコバッグ・ショッパー袋など各種袋物、包装用品の印刷やオリジナル袋作成。小ロットから大ロットまで、安価なものから高品質なものまで、あらゆるお客様のご要望に対応いたします。

多くの企業は、違いを重視している傾向があります。いわゆる差別化を強調して、売上数字を伸ばしたいと望んでいる企業も少なくありません。その一助として、オリジナルバッグが活用される場合があります。例えば自社にて、ある独特の製品を販売しているとします。当然その製品を販売すると、売上が発生する訳です。ところで物が売れるか否かは、他社との差別化に左右される事もあります。他と違うという、を強調してみると、だいぶ数字が伸びる事もあるからです。そもそも商品を探す多くの方々は、やや珍しい物を求めている傾向があります。どこにでも販売されている物ではなく、やや目新しい製品ですと、購買意欲がかきたてられる事も珍しくありません。このため製品を販売する側としては、その意欲をかき立てたいと望んでいる訳です。ですから他社の製品とは全く違うという点を、何とか強調したいというニーズが生じます。その一環として、上記のバッグが活用される訳です。例えば、マスコットキャラクターなどをバッグにプリントしてみる選択肢があります。企業によっては、かなりオリジナル性があるマスコットキャラクターを採用している事もあります。それをバッグにプリントすると、独自性を強調できる事も多いです。自社独自のマスコットキャラでしたら、少なくとも他社では真似できません。自社の個性を表現できる訳です。その個性的なキャラがプリントされたバッグを、多くの方々に配ってみるやり方もあります。それで受け取った方々は、「とても珍しい製品」だと思ってくれれば、売上数字が伸びる可能性も多々ある訳です。確かにオリジナルバッグを制作するなら、所定の費用などを支払う事にはなります。専門業者に任せるのでしたら、それなりにお金を支払うのは事実です。しかし一旦は費用がかかっても、自社独自のオリジナル性を強調できれば、売上数字が高まる可能性もあります。ですから売上を気にしている企業としては、オリジナルのバッグを配っている事も多いです。

注目キーワード

ロジンバッグ
rosin bag すべり止め用のロジン(松やにを精製したもの)の粉を入れた袋。野球で、主にピッチャーが使用する。
エコバッグ
小売店が渡すレジ袋を使わず、消費者が持参する買い物用のバッグのこと。マイバッグとも呼ばれ、マイバッグ運動に用いられる。環境保護や資源保護のためのレジ袋削減を目的として使用する消費者が多い。 ※2007年、...